プロフィール

住宅ローン返済についての悩みや相談は、相手が身内や友人といえども簡単に言い出せないものです。仮に相談することできたとしても住宅ローンの金額は大きくどうにかできるものではないことが多いです。
しかし、専門家への一本の電話が皆様の抱える問題解決の大きな第一歩となります。
皆様の新たな明るい未来の為に勇気を持ちご相談下さい。

‘2018/04’ カテゴリーのアーカイブ

父への報告

2018/04/27

3月29日、長男の大学の入学式、引っ越しでの休みの際、1日多く休みを頂き、新潟に行ってきました。

 

新潟は私の父が31年前に事故で亡くなった場所です。

 

私は宮城県の田舎にある農家で育ちました。

父は厳しい家計を助けるため、私が小さい時から、土木作業員として出稼ぎにいき、家にはほとんどいませんでした。

 

私が中学3年生の12月23日、学校で授業を受けていると職員室から来た別の先生に呼ばれ、

「お父さんが怪我をし、親戚の方が迎えに来ているので今日は帰宅してください。」

といわれ、迎えに来たおじさんと自宅に帰りました。

 

そこで私が聞いたのは、

「父が現場の事故で亡くなった」

ということでした。

 

あれから、31年、ずっと心残りで訪問したいと思いつつも北海道に引っ越したことなども言い訳となり、訪問できていなかった父の亡くなった現場に家族5人で行くことができました。

母や父を迎えに行ったおじさんに聞いていたのはトンネル工事の現場とのことで、道路のトンネルとばかり思っていました。

しかし、実際は水路のトンネルで、JR東日本の首都圏の電気を確保する為に作られた信濃川沿いにある水力発電所の水路トンネルだったのです。

父が亡くなった時の年齢は42歳、現在、私が46歳、父よりも長生きできたことが何より親孝行ではと自分が親になり思いました。

 

そして、現場では私の子供たちも大きくなったことの報告と、母や妹、弟もいろいろありましたが、今はみんな、生活や仕事は楽ではないけど、結婚し、孫もそれぞれ生まれ、幸せに暮らしていますと報告してきました。

長女と長男には、お父さんが今まで育ってきたのも、おばあちゃんからもらっているお祝いやお小遣いも、おじいちゃんが命と引き換えに作ってくれたお金なんだということを伝えました。

理解してくれたかどうかはわかりませんが二人は黙って聞いていました。

 

しかし、次男のチビは、発電所の記念館で電車が走る市街地模型の中にあるトンネルで夢中になり、走り回り、遊んでました。

もちろん、まったく、わかってません‼

でも、この子が大人になるまでは「頑張らなければ‼」と無邪気な笑顔を見ながら、改めて強く思います。

 

ありがとうございました。

2018/04/16

昨日、函館に行き、金曜日にご逝去した当社部長の祖母にお線香をあげてきました。

ご遺影の前で手を合わせると、部長との今までの記憶が思い出されました。

出会いは他社にいた部長と取引したことがきっかけで、その後、数回売買を行い、ある時、契約した売買の取引の途中で一身上の都合で勤務している会社を退社すると申し出がありました。

正直なところは進行中の取引はどうなるのかとの不安もあり、一緒に食事に誘い話を聞きました。

そこでもともとまっすぐな性格に好感を持っていた私は一緒に仕事をしませんかと誘ったのです。

しかし、当社の状況はというと、創業し3期目、2期目は赤字、今期も赤字になりそうで社員を雇用できる状況ではありませんでした。一緒に仕事をしないかと誘ったものの、こんな小さい会社に来ることはないと思っていました。

しかし、数日後一緒に仕事をしたいと申し出があったのです。

びっくりし、どうしようかと思いました。

ただ、誘ったのは、私、何とかしようと入社してもらい一緒の仕事が始まりました。

当時、メイン事業の売買部門は4行あった銀行支援が2期赤字の経営状況から2行に減り、どうやって立て直していこうと悩んでいた時です。

部長もこんなに経営状況が悪いとは思ってなかったようです!

そこで売買部門を教え、部長に任せ、私は融資の必要の無い「任意売却」の確立に取り組んできたのです。

苦しい状況は数年続きましたが、現在は従業員も増加し、会社の基盤も安定してきました。

今の当社があるのは部長の存在無くして考えられません。

本当に部長に感謝しています。

また、その部長を生み、育ててくれたご両親、そのまたご母堂である「おばあさま」、お孫さんは当社において多くのお客様と会社の仲間に貢献し、活躍する素晴らしい大人に育っていますとご報告いたしました。

今の当社があるのはお孫さんのおかげです。

本当にありがとうございました、安らかにお眠りください。

心から、ご冥福をお祈りいたします。

流氷

2018/04/11

北海道に引越し、11年目が始まっています。

夏の知床、帯広、阿寒湖、摩周湖、函館、稚内、利尻・礼文、根室、北海道のほとんどに行きました。

見てなかったことが、あと一つ、それが、流氷です。

おばあちゃんも、もう70歳も半ばなので膝も悪くなり、外出もおっくうになってきました。

おばあちゃんの為にも、今年はと思い、妻と次男、おばあちゃんと4人で冬の知床、網走からガリンコ号で流氷を2月に体験してきました。

今年は流氷が多かったようで知床の海は水平線まで流氷でびっくりし衝撃を受けました。

 

また、ガリンコ号はあまりにも流氷が多ければ網走港から外海まで出れないこともあるとのことでしたが当日は通常通り外海にもいくことができ、流氷の中を船が突き進むという体験をすることができました。

会社のスタッフや地元北海道の方々の話を聞くと行く前は大したことはないのかと思っていましたが想像をはるかに超える貴重な迫力のある体験でした。

ぜひ、地元、北海道の方にも体験していない方であれば以外にお勧めだと思います。

この休みをとれたのも現場でスタッフが頑張ってくれているおかげです。

会社の仲間に、感謝します。

でも、1泊2日の道東は少しハードなスケジュールでした。

 

入学式

2018/04/02

長男の入学式に出席しました。

 

入学した大学はオープンキャンパスに行った際も感じたのですが、学生のことを本当に考えている大学だなと印象が強かったです。

オープンキャンパスは、学生が主体性を持ち、本当に楽しく学んでいるということが感じられました。

他校と比較しても、本当に違いました。

入学式の学長や偉い方々の話は、立派なことを通常通り話していましたが、学部担当教授やその他の説明が学生中心に考えられているなと感じます。

それが、学生の主体性やいきいきしている状況を作り出していると思います。

うちの長男も先輩たちのようにいきいきと勉強に励んでくれることを期待します。

 

 

それにしても東京は熱かったです。

プラス、引っ越し、買い出し等で、大変な中、ちびの抱っこ攻撃にやられました。

本当に疲れました。

 

しかし、私もまた一つ、長男の進学で人生の区切りを超えることができたと思います。

先週は体が疲れ、金銭的な不安はありますが、これからは仕事に集中し、ご相談者の役に立つことに全力を尽くしていきたいと思います。