プロフィール

住宅ローン返済についての悩みや相談は、相手が身内や友人といえども簡単に言い出せないものです。仮に相談することできたとしても住宅ローンの金額は大きくどうにかできるものではないことが多いです。
しかし、専門家への一本の電話が皆様の抱える問題解決の大きな第一歩となります。
皆様の新たな明るい未来の為に勇気を持ちご相談下さい。

‘2018/07’ カテゴリーのアーカイブ

トップセミナー

2018/07/28

先日、札幌商工会議所が主催している「TOP SEMINAR 2018  ~ 一流経営者が語る、未来への道標~」を受講してきました。

今回は2回目で100円ショップ「ダイソー」、株式会社大創産業の創業者 矢野博丈氏による講演でした。矢野会長の若いときは、気が弱く、販売を強く進めることができない、その為、セールスはできないと思い、利益は薄くても、お客様に喜んでただける商品の提供を考え、100円ショップを他社では利益が薄く取り扱えない商品まで販売を行っていったそうです。

すると、当初は地元の有力スーパーなどから展示の仕事を頂き、通常の催事では考えられない程の売り上げを創ることができ、事業が拡大していった。しかし、途中、当時の100円ショップの大手とすり替えられ、一時仕事が無くなったのですが、その後、再度スーパーから声がかかり販売を継続したとのことです。大手の100円ショップは売り上げが上がらず撤退となり。その理由は商品数が少なく、利益がしっかりとれる商品だけを扱っていた為、お客様にとって魅力的と感じられず売り上げが伸びず終了したとのことでした。また、接客の態度も矢野会長が現場に立っていた時は、5点で500円のお客様も1点で100円のお客様も購入頂いたときは本当に心の底から「ありがとうございます」と感謝の気持ちを込めてお礼を行っていたのに対し、そこが薄いように思えたとのことです。

とにかく、田舎で商売を行うのであれば、利益は薄くても「お客様の「喜ぶ笑顔が見れればよい」、そして感謝の気持ちを忘れないという事を信念に商売してきた。

「儲けは考えない、売上が上がれば何とか食っていける、それで良い」

と思い、商売をしてきた。

商売当初、D社やイトーヨーカドーなどのスーパーとお取引させて頂けるようになり、更に企業の成長が加速したそうです。

ただ、倒産したD社のN社長とイトーヨーカドーの伊藤オーナー、鈴木社長では違う点があり学ぶことができたともおっしゃってました。

N社長は利益追求を主眼に置き経営していた。

それに対しイトーヨーカドーはお客様第一主義を貫いていた。

D社のN社長もイトーヨーカドーの伊藤オーナーも現場ではいつも怒っていたそうです。

しかし、内容はN社長は会社の利益を求めていく為に行っていたのに対し、伊藤オーナーはお客様の期待に応える、社員の成長に期待しそれを創っていき、社員とお客様の為に企業を守っていくという事に必死に行っているという事が間近で見ることができたそうです。

セブンイレブンの鈴木社長のエピソードをおっしゃっていました。

それはセブンイレブンで販売しているカレーパンです。

今、セブンイレブンだけではなく、数年前からカレーパンがふっくらとなり具が多くなったのをご存知ですか?

私はそれを知っていました。

カレーパンが変わりおいしくなったな思っていたんです。

それが、イトーヨーカドーの鈴木社長の一言から始まったとは思いませんでした。

ある時、鈴木社長が販売しているカレーパンを食べ、「まずい」と怒り、パン屋さんを呼び、叱り、改善を要求した。

その際、パン屋さんから帰ってきた言葉は、「社長、でもこのカレーパン、凄く売れてますけど‼」

しかし、鈴木社長から帰ってきた言葉は、「まずいものはまずい、売れていようとお客様の為にならないものを提供するようでは将来にわたってお客様から選ばれることはない」と全店舗のカレーパンを回収し、その後、数カ月店頭にカレーパンが並ばなかったそうです。その結果、作られたのが、今の「カレーパン」だとのことだったそうです。

これが、D社のN社長であれば「売れているのであれば、いいか。」と、そのまま、進めたのでは思われ、利益を追求していった。

そのような、周りの経験から、矢野会長は、

「ありがとうと感謝の気持ちを持ち、社会貢献、社会奉仕のこころ、そして、謙虚さを忘れず、徳が大事、徳がない企業は生き残れない。」

私も、100円の商品をお客様の笑顔を見るために提供してきた。

同業者は資金力が付くと粗利が少ないこの事業とは別の事業を立ち上げ、業種変更し、儲かる事業を行うなどに取り組んでいった。私は頭も悪く、器用じゃないのでとにかくいい商品をお客様に届けたい、利益はいいから売り上げを創ることをしてくると、販売数が増え製造単価が安くなり、原価が抑えられ、結果利益が出るという状況が出てきたんです。

やはり、「利益は目的ではなく結果なのだな」と改めて確認させられました。

お客様の為に、商品・サービスを提供する。

そして、お客様に選ばれ、繁栄する。

結果、裕福になる。

私も、この考えに沿い、日々精進していこうと思った講演でした。

 

お手伝い!

2018/07/18

先日、久しぶりに終日休みを取ることができました。

朝は、予約していた歯医者に行き、虫歯ではないのですが欠けていた歯を直し、その後、床屋に行き、さっぱりして妻と一緒に久しぶりにランチに行きました。

そして、8月の富士山登山に向け、次男のレインウェアと靴を見に行きました。

ストック、登山用ズボン、乾きやすいTシャツに、厚手の靴下。

結構な値段、以外に必要なものが多い‼

一回の登山にお金をかけるのももったいない⁉

と思いますが何かあれば大変。

「う~」

「妻からはあなたが行くって言ったんだから自分でやりくりして下さい!」

間髪入れず、視線を感じ返答が…

「もういいや!」

と思い購入。 とほほほ…

家族の思い出の為に、頑張る‼

 

家に帰った後、次男のリクエストで久々に得意のカレーを作りました。

今までは鍋に二つ作ってましたが、今回は長女、長男がいなくなったので、鍋は一つ。

少し寂しい感じがしますが、今まではどれだけ食ってたんだとも思いました。

そして、なんと次男が「手伝いたい、手伝いたい」とうるさいので、最後の「かき混ぜ」を手伝ってもらいました。

「重くて結構、疲れるね」と一言。

でも、自分から申し出たので、結構、頑張ってくれました。

「ありがとう」

少しづつですが成長を感じます。

 

 

不動産マーケティング

2018/07/10

先日、年会員となり勉強している、㈲インフォメーション・システム・キャビンの志田先生が主催している「志田塾」を受講してきました。

仕事の現場で見ていても業界的には売買の取引は活発で不動産の価格も上昇し、景気が良いことは感じられます。

しかし、2年前位から比べると価格の上昇は落ち着き、売買の取引も落ち着いてきているように見えます。

当社への任意売却の相談も相談数はあまり変わらないのですが、内容の変化は感じます。

以前は会社の倒産や失業等にて仕事を失い、住宅ローンの返済が困難になってお越しいただく方が多かったのですが、最近は離婚が原因となり、ご夫婦が別々の道に進むことで家計が分散し、経費が増加し、支払いが難しくなるといったケースがほとんどになってきました。

最近のご相談いただく方はバブルがはじけた後、低価格になり、金利も低くなったのですが、不景気の為所得が伸びず、住宅ローンを夫婦共働きにより、借入、取得、マイホームを購入した方が多かった為、離婚という予期せぬ事態が起こった後、返済に困窮するといった状況が出ているのではと考えていました。

「志田塾」では、アメリカがトランプ大統領の「アメリカンファースト」の政策により景気が回復し、ヨーロッパもEUをイギリスが離脱する問題はあるものの欧州中央銀行が量的緩和政策を年内に終了させるとの動きがあり、ともに利上げに動く傾向です。

日銀が現在取り残されている状況ですが追加の緩和は見送る傾向、日本の不動産が活発に買われた背景には欧米の金利が安く、日本の不動産がバブルの後遺症がまだ残り価格が手頃だった為、賃貸物件やホテル、商業施設の利回りが良く政府も安定していることが要因でしたが、アメリカの長期金利が上昇することにより、日本の不動産からアメリカドルに資産の移動の可能性が出てきた。

また、国内投資家の不動産購入を支えてきた地銀もアパート・マンション融資を先導してきたスルガ銀行の融資審査のずさんな状況が報道に出ることにより、金融庁からの春のアパート融資に対する引き締めと共に事業用不動産の売買が縮小傾向にある。

その事業用不動産の意欲を担ってきた新規事業の「民泊」も普及が徐々に進み、事業者が急増しました。

東京オリンピックを控え、事業チャンスととらえ、こぞって参加してきたモラルにかける事業者への適正化が厚生労働省から始まってきた。入居率も低く、古びたアパートや一戸建てが民泊により、蘇り、利回りが上昇することで売買の不動産価格の上昇にも寄与していましたが、「民泊」仲介業最大手のエアビーアンドビーが厚生労働省の指導により、無認可の宿泊所の登録を6月から抹消しました。

民泊の盛り上りも縮小傾向。

来年、2019年の夏に東京オリンピックに関する工事の発注がほぼ終了します。

建築需要の落ち着くことが考えられる、また、10月には消費税の10%への増税、流れが変わるのは「2019年の夏」ではとの講義内容でした。

しかし、今後の国内の大きいイベントが控えている、2025年に立候補している「大阪万博」、2030年に立候補する「札幌オリンピック」との予定が確定してくると、安定した建築需要と景気が考えられます。

いずれにしても、今ある札幌の不動産状況が世界の経済状況からの影響を受け続いてきていることを実感する内容の相変わらず非常に勉強になる講義でした。

任意売却のご相談者の今後の方向性や相続事業の不動産運用方法、中古住宅の売買事業といずれも時代にあった最善のサービスを提供できるようにスタッフと共に研鑽していかなければ思いました。

連帯債務・連帯保証人

2018/07/07

最近、任意売却のご相談を頂く方の中で残念ながら離婚により、別々の道を歩むことで住宅ローンの返済が不可能となり、当社にお越しいただく方が増えてきたように思われます。

その中で、任意売却を行っていく際に大きな障害になるのが連帯債務者、連帯保証人、共有名義です。

夫婦共働きや、不景気時代に家族の住宅購入時期が到来し、パートの奥様の収入をご主人の収入に合算し、借入金額を増額、希望物件の借入金額を可能にし、購入に到るなどの理由があります。

当社への相談はご主人から頂くケースが多く、実際のご自宅には奥様とお子様が居住していることがほとんど、その場合、奥様から面談も断られ、協力を得られないことも多く、任意売却が不可能となることがあります。

奥様の心情は今まで同様のケースは100件以上は対応してきましたので、心が苦しく、痛くなるほど理解できます。

様々なご主人への気持ちや、今まで経験、そこで耐えられなくなり別々の道を進むことになったのですから。

しかし、返済が不可能な状況を放置し、時間が経過してしまえば競売を申し立てられ、強制的に売却されてしまいます。

競売では、皆さんご存知のように売却価格が市場価格より安くなり、所有者(債務者)も金融機関(債権者)もデメリットばかりです。

ご自宅に居住の奥様も感情的になり、ご主人を責めて対応しなければ競売に到り、何のメリットもありません。

なお、共有名義の場合は名義だけを貸したとの認識という、奥様も多い為、

「何故、私が支払いをしなければいけないのか?」

憤る方もいらっしゃいます。

しかし、現実は共有名義で、連帯債務者、連帯保証人。

ご主人との約束とは別に金融機関と借入を契約し、返済義務を負っています。

夫婦の話し合いでは夫が支払いを行うことが決まっていたとしても金融機関には関係ありません。

いっしょに暮らす大事な子供たちの為にも冷静になり対応頂くことを切に願います。

私たちスタッフも、ご主人から依頼を受けたとしても奥様やお子様、ご家族の皆様の将来の幸せの為に最善を尽くし、その時ベストな方法をご提案させて頂きます。

ただ、それがもしかするとご希望とそぐわないこともあるかもしれません。

しかし、それが最善と考え、ご提案致します。

何もせず、競売に到ることより、ご家族にとってはより良い選択肢と思います。

もし、同様な状況にてこのブログをご覧頂いていましたら、一度、ご家族の将来の為にお会いさせて頂く機会を頂ければと最善を尽くしたいと思っております。

私も三人の子供を育てる親として、ご相談者の子供たちの将来の幸せの為に力を注ぎたいと強く思っております。

 

 

先月の子供の運動会でお土産に花火をもらいました。

その後、毎日のように「花火‼、花火‼」騒がしくなり、先日寒かったのですが、夜、雨が止んだので、今年初めての花火をしました。

少し、肌寒い夏の始まりですが、次男が喜んでくれて私もうれしくなり、やっと静かな夜に戻りました。

よかった、よかったです。