プロフィール

住宅ローン返済についての悩みや相談は、相手が身内や友人といえども簡単に言い出せないものです。仮に相談することできたとしても住宅ローンの金額は大きくどうにかできるものではないことが多いです。
しかし、専門家への一本の電話が皆様の抱える問題解決の大きな第一歩となります。
皆様の新たな明るい未来の為に勇気を持ちご相談下さい。

久しぶり‼

妻の母が札幌に引越してきて1年10カ月が過ぎました。

妻の実家は福島県の南相馬市、東日本大震災により爆発した福島原発の為、立入禁止区域になり戻ることができない地域にありました。
震災後はしばらく友人も多い仙台で避難生活をしていたのですが一昨年の秋腎臓にポリープがあることが分かり良性か悪性かは精密検査が必要とのことでした。
その為、妻の兄弟は神奈川に住んでいる兄と、妻の二人。ただ兄は単身赴任で現在は名古屋に行っています。
その為、万が一の際義母のお世話は妻がするしかないとのことで札幌に引越してもらいました。
当初は本州を離れることに抵抗はあったようですが思い切って来てもらったのです。
その後、腎臓は検査の結果良性で問題はないことがわかり、ホッとしました。

そんな状況ではあったのですが義兄は義母の状況を大分気にしてはいたのですが仕事も忙しくなかなか今まで札幌に来ることができませんでした。
その義兄が先月休みが取れ札幌に来てくれたのです。

義母の顔も見て安心し、私たちも久しぶりの再会に義兄の甥姪の近況や東京に行ったうちの長女も姪たちとたまに遊んでもらっている為、そのお礼やいろいろな話に花が咲きました。

翌日、テレビで「 北の国から 」見ていた義兄は世代だったので富良野に行ってみたいとの要望もあり富良野、美瑛をドライブしました。

途中、台風により道路や橋が流された跡があり、台風の被害は甚大なことに現地で驚かされましたが目的地には無事到着し、当時撮影に使った家を見学。

最後は美瑛に行き、丘の見学と観光のコースではオーソックスなパターンではあったのですが初めてだったので喜んで頂けたのではと思います。

img_1247

最後は美瑛の丘で夕陽を見て帰りました。

img_1251

お互いに歳も取り、お腹も大きく、髪の毛も薄くなり、子供も成長、年々、状況は変わることが改めて実感ができました。
私も宮城の実家には1年以上帰っていないのでたまには時間を見て電話位はしなければな~とちょっと思いました。

コメントをどうぞ