事例紹介

西区 藤川様

名前・年齢 藤川様(仮名)
住所 札幌市西区
家族

4人 両親と弟

職業

飲食業

きっかけ

離婚と自宅の賃貸トラブル

 

一番の希望

残債を減らしたい   

債権者 地方銀行
間取り等 3LDK          

お支払いができなくなった理由

藤川様は結婚を機に中古の3LDKのマンションを購入し奥様と二人で暮らしていましたが、6年程経った時に離婚することになり、自分ひとりだけの収入では住宅ローンを支払うことが難しくなったため、ご本人は実家に戻り、それまで住んでいたマンションはそのまま友人に貸すことにしました。

しかし半年ほどして友人が家賃を滞納し始めてしまいました。藤川様が友人から鍵を返してもらって久しぶりに室内に入ったところ、友人はあまり家には帰ってなかったようで、至る所にゴミが散乱し、飼っていたペットの糞もそのままにしてあり、ご自宅は「ゴミ屋敷」の状態になっていました。友人に部屋を貸す契約は解消しましたが、このままの状態で別の人に貸すことは難しく、再び賃貸に出すために友人が残した荷物を整理しリフォームをするとしたら100200万くらいはかかるため、そのお金を用意することも難しく、さらに家賃収入が途絶えたことでローンも滞納することになり、ご本人ではどうすることもできない状況に陥ってしまいました。

 

ご相談者の希望

溜まってしまった管理費等を清算したい。

なるべく高く売って残債を減らしたい。

 

 

 

小樽市 清水様

名前・年齢 清水様(仮名)
住所 小樽市
家族

夫婦二人

職業

作業員

きっかけ

自営業の破綻

 

一番の希望

普通の生活がしたい     

債権者 地方銀行
間取り等 2LDK          

お支払いができなくなった理由

清水様は大手メーカーの工場勤務で収入も良く、夫婦の趣味を生かした大きな家を建てていました。

早期退職を機に、退職金をほぼトラックの購入に充て、自営で運送の仕事を行うようになりました。最初の数年は順調でしたが、その後ガソリンの高騰や、運送費用の低下などで、経費の収支が合わなくなり経営状態が悪化していきました。もともと住宅ローンの支払いも高めに設定していたので、安定しない自営業の収入ではローンの支払いも遅れがちになり、とうとう債権者から競売申し立てをされてしまいました。

当社から送付した「任意売却についてのご案内」を読んだ奥様から相談の電話がありました。

ご相談者の希望

自宅の売却今の経済状況では仕方がないと思っていますが、手元にお金がないため引っ越しもできません。なんとか今の生活を立て直して、普通の生活に戻るため引っ越し費用を確保していただくことが一番の希望です。

 

白石区 今野様

名前・年齢 今野様(仮名)
住所 白石区
家族

奥様と子供二人

職業

派遣社員

きっかけ

ご主人の急逝 

一番の希望

住み続けたい

債権者 地方銀行
間取り等 3LDK          

お支払いができなくなった理由

今野様のご主人が病気のため急逝し、残されたご家族にマンションの相続が発生しました。しかし多額の住宅ローンが残っており、今後残債を支払っていくにも奥様の収入だけでは不安、債務も多すぎて完済の目途が立たないということで、奥様とお子様は相続を放棄することにしました。しかし相続は放棄したものの、ご主人の今までの医療費捻出のため貯金もなくなり、お引っ越しもできない状況でどうしようもなく、そのままマンションに暮らしていらっしゃいました。

相続を放棄したマンションは国有財産となり、相続財産管理人の司法書士の先生がつき販売等の処理をすることになります。今回はその担当になった先生から、マンション売却のためにインターネットで調べた任意売却を専門で扱っている当社あてにご連絡をいただきました。

 

ご相談者の希望

司法書士の希望はなるべく高く売って債務を圧縮したい。

今野様の希望は、住む権利がないことは承知しているが、引っ越す資金がないので困っている。できれば住み続けたいが、それは難しい事だとも思っています。


 

 

豊平区 村上様

名前・年齢 村上様(仮名)
住所 豊平区
家族

両親、自分

職業

パート

きっかけ

病気の悪化

 

一番の希望

完済希望      

債権者 地方銀行
間取り等 4LDK          

お支払いができなくなった理由

離婚を機に夫婦のそれぞれが実家に戻ることになり、村上様が空き家になった家を貸し出し、以後10年以上の間、家賃収入を住宅ローンの支払いに充てて住宅を維持していました。

しかし、5年ほど前から持病が悪化し、フルタイムでの仕事ができなくなってしまい、病気により収入が減ったこと、入院費や病院代がかさみ支払いが増えたことで、家賃収入を生活費に回すようになり、住宅ローンの支払いが滞るようになりました。

 

ご相談者の希望

完済希望。完済が無理ならばなるべく残債を減らしたいので、できるだけ高く売却したい。

10年以上家を貸しているがその間に修繕等をしたことがなく、中の状況が全くわからない事が気にかかっている。また購入の際、元妻の両親より頭金を援助してもらったため、元妻との共有名義の家になっているのでこの機会にそれも解決したい。

 

千歳市 細谷様

名前・年齢 細谷様(仮名)
住所 千歳市
家族

夫婦+大型犬

職業

パート

きっかけ

ご主人の失踪

 

一番の希望

完済したい      

債権者 地方銀行
間取り等 4LDK+S            

お支払いができなくなった理由

住宅ローンを支払っていたご主人がうつ病を患い突然の失踪。ご主人が所在不明の間は休業手当等の手続きもできないため、専業主婦だった細谷様がパートで働き始め、パートで得たお給料と、貯金を切り崩して住宅ローンを支払っていました。しばらくしてご主人とは連絡が取れましたが、これを機に仕事は退職することになり、細谷様がパートに出て得た収入でローンを支払い続けながら、不動産会社に依頼し自宅を販売しておりました。しかし販売開始から半年経過しても成約には至らず、貯金も底をつき、生活が苦しく返済が厳しいためインターネットを見て当社へ連絡がありました。

ご相談者の希望

なるべく高く売ってなんとか住宅ローンを完済したい。

冬のボーナス返済まではなんとか住宅ローンの返済を行えますが、ボーナス返済の30万円の支払いは困難なのでそれまでに売却してほしい。

 

 

札幌市西区 宮沢様

名前・年齢 宮沢様(仮名)65歳
住所 江別市
家族

妻、娘(2人)、孫(3人)

職業

アルバイト、年金生活

きっかけ

仕事中の怪我による長期入院

 

一番の希望

住み続けたい

債権者 地方銀行
間取り等 4LDK

お支払いができなくなった理由

定年退職後、宮沢様は年金とアルバイトの収入で住宅ローンを支払っていました。退職した会社に月の半分ほどはアルバイトで働きに行っていましたが、仕事中に運悪く骨折する大けがをしてしまい、入院が半年と長引くことになりました。その間は収入の目処が立たず、徐々に住宅ローンを払う余裕がなくなってしまいました。支払に困った宮沢様が銀行にローンの返済をできないことを相談するも、過去に不景気で給与が減少し、その時に返済方法の見直し(リスケジュール)をしたこともあり、銀行には支払いを待ってもらえませんでした。

一緒に住んでいる奥さんや娘さんたちもそれぞれ仕事をしていますが、パートの収入はあまり多くなく、子供の保育園代などの支払いなどでそれぞれに生活に余裕もなく、支払いの協力をお願いするわけにもいかず、ローンの支払いが滞るようになっていたのです。

ご相談者の希望

できればこのまま家族と一緒に住み続けたいと考えている。

数年前にこの家から引っ越しをして引越し先の学校になじめず、こちらにまた戻って生活している中学生の孫もいるので、なんとか環境を変えずに住まわせたい。どうしても住み続けることが無理ならば、引っ越し費用を確保してほしい。

 

江別市 平山様 

名前・年齢 平山様(仮名)63歳
住所 江別市
家族

妻 61歳

職業

会社員

きっかけ

過去の自営業の倒産

 

一番の希望

できれば住み続けたい。

債権者 地方銀行
間取り等 4LDK

お支払いができなくなった理由

平山様は、以前江別市内で飲食店を経営していましたが、事業がうまくいかず収入が減り、3年程前からは生活の為にお店を閉め別のお仕事をしていらっしゃいました。経営していた飲食事業は廃業状態になっており、その当時の事業ローンなどの返済額が月数十万にのぼり、とても今の給料で支払うのは難しく、生活が困窮する状態が続いていました。ご自宅の住宅ローンは奥様がパートで働いたお金で繰り上げ返済を何度も行い、老後に備えすでに完済済みでしたが、その家を資産とみなした債権者に差し押さえられ、自宅が競売にかけられてしまいました。

ご相談者の希望

今までずっとこの状況を妻に内緒にしているので、なんとか妻には知られずに対処したい。

これまで通りに住み続けて、妻に心配をかけたくないと思っている。

室蘭市 庄司様 42歳

名前・年齢 庄司様(仮名)42歳
住所 室蘭市
家族

一人暮らし

職業

調理師

きっかけ

離婚とその後の転職

 

一番の希望

出来るだけ高く売却して、残債を減らしたい。

債権者 地方銀行
間取り等 4LDK

お支払いができなくなった理由

庄司様は離婚後、所有していた家に住む者が居なくなったので、ご自宅を貸し、数年間はそこから受け取る家賃を住宅ローンの返済に充てて、管理などは地元の不動産会社にお任せしていました。

その後転職し地元を離れることになりましたが、転職先の給与体系が聞いていたものとは違い、想定より収入が少なかったため、生活費が足りなくなり、住宅ローンの支払いに充てていた家賃を、生活費や他の支払いに回してしまいました。6ヶ月滞納したところで一括弁済の連絡が届き、自宅が競売になる事を知りました。

ご相談者の希望

どうせ手放すなら、なるべく高く売って残債を減らしたい。そのうえで残った残債は少しずつでも支払っていきたいと思っている。現在貸している家に住んでいる人が居るので、なるべく迷惑をかけない方法で売却したい。自分は違う所に住んでいるので、出来るなら売却までの全てをお任せしたい。

吉井様(仮名)34歳

名前・年齢 吉井様(仮名)34歳
住所 苫小牧市
家族

一人暮らし

職業

会社員

きっかけ

離婚

 

一番の希望

出来るだけ高く売却して、残債を減らしたい。

債権者 地方銀行
間取り等 3LDK

お支払いができなくなった理由

三年前に離婚。当時の話し合いで奥様からこのまま子どもと今の家に住み続けたいという希望があったため、住宅ローンの支払いには養育費を充てて奥様が支払い続けるという約束で、吉井様が家を引っ越すことになりました。元奥様は離婚当初は仕事をしており、ご両親からの援助と吉井様からの養育費などで、やり繰りしてローンを支払って暮らしていたようですが、しばらくしてから奥様は再婚し、妊娠と出産で仕事も辞めることになり生活が大きく変わりました。約一年前に再婚相手が転職をしたのをきっかけに一時的に世帯の収入が減り、養育費も生活費に回すようになり、住宅ローンが支払えなくなりました。

家の名義は吉井様のままだったため、滞納から数か月後に吉井様宛に銀行から督促状が届き、数年ぶりに連絡を取り今回の事態を把握することになりました。

ご相談者の希望

出来るだけ高く売却して残債を減らしたいと思う。

この状況を早く解決して再スタートを切りたい。

札幌市北区 山崎様

名前・年齢 山崎様(仮名)48歳
住所 北区
家族

妻(43歳)

職業

会社員

きっかけ

共働きの奥様が体調を崩し退職

本人が部署移動のため収入減少

一番の希望

引越し費用の確保

債権者 都市銀行
間取り等 2LDK

お支払いができなくなった理由

山崎様は長く賃貸マンションに住んでいましたが、これからも家賃を支払い続けるという事を考えた結果、マンション購入の決意をされ市内に新築2LDKのマンションを購入しました。しかし数年後、働いていた奥様が体調を崩し仕事を退職したことで収入が減り、さらに山崎様自身も勤めている会社内での部署移動により収入が減り、立て続けにご夫婦の収入減少が重なってしまいました。しばらくは足りない生活費をクレジットカードのキャッシングをするなどして補っていましたが、最終的に借入が膨らみ、ローンの支払いが月に約10万、その他の支払いが約11万となり、毎月の返済で生活が成り立たない状態になっていったのです。

ご相談者の希望

最初は他社に依頼して、ローンを完済できる価格で通常の売却をしていましたが、市場の価格より大幅に高かったためか、なかなか買い手が見つかりませんでした。依頼していた不動産会社は任意売却のノウハウはなかったようで、完済する方法の提案だけで、売れない状況のまま時間だけが経過していきました。現在は引越費用を準備することも難しいので、引越しに必要な費用を確保したい。

全国規模の弁護士事務所に今の状況を相談したところ「自己破産」を勧められたが、破産申立中は法律により資格に制限がつき、現在の仕事に就くことが出来なくなるため「自己破産」は行わずに債務を清算する方法はないか考えていました。

札幌市中央区 伊藤様

名前・年齢 伊藤様(仮名)41歳
住所 中央区
家族

妻(40歳)

職業

無職

きっかけ 交通事故をおこす
一番の希望

引越し費用の確保

債権者 都市銀行、市税
間取り等 4LDK

お支払いができなくなった理由

伊藤様はご夫婦で大好きな大型犬を多数飼育し、趣味であるオートバイ、車等を購入、生活を楽しんでいらっしゃいました。しかし、ご主人が、オートバイ乗車中に大きな事故を起こしてしまったことで、状況が一変してしまいました。事故によりご主人は仕事が出来なくなってしまい職場を退職せざるを得なくなり、ご主人の収入がなくなった後は、奥様が2つの職場を掛け持ちし生活費のやり繰りをしていましたが、収入と支出が合わず、借りては返し、借りては返しの繰り返しの生活で、借金はあっという間に膨らんでいきました。更に、奥様が体を壊して収入が無くなり、支払いも出来なくなったのです。

ご相談者の希望

子供もいない夫婦二人なので、今のような大きな住宅までは必要なく、住宅を維持するのも大変なため、身の丈に合った住宅への引越しが希望でした。ただ、手元に資金が全くなかったので、引っ越し費用だけは確保してほしいとの希望でした。

札幌市東区 工藤様

名前・年齢 工藤様(仮名)・42歳
住所 東区
家族

夫(52歳)、娘(小学生)

職業

妻:派遣社員 夫:契約社員

きっかけ リストラ
一番の希望

高く売却したい

債権者 地方銀行
間取り等 3LDK

お支払いができなくなった理由

勤務していた会社が経営悪化し、リストラ。その後、正社員での再就職は難しく、人材派遣にて工場の仕事にやっとの思いで就職しましたがお給料は以前の半分以下となり、無職の期間を今までの貯金とカードローンで生活していたため、貯金が底を突きカードの返済も増加し、これ以上住宅ローンの返済が困難とのご相談でした。

ご相談者の希望

とにかく売却し、住宅ローンの返済の目途を立てたい。住宅ローンの支払から逃れたい‼

旭川市 森様

名前・年齢 森様(仮名)・42歳
住所 旭川市
家族

妻、娘(中2)、息子(小5)

職業

無職

きっかけ 精神的な病気
一番の希望

引越し費用の確保

債権者 地方信金
間取り等 一戸建 4LDK

お支払いができなくなった理由

大手メーカーの工場に森さんは長年勤務してきたのですが上司のパワーハラスメントにより躁うつ病を患い、勤務先を退社。しかし、退社した時は本人も家族など周りの方々も森さんの病気には誰も気付いていませんでした。その後、自分で事業を始めました。その頃に感情の起伏が大きくこれまでとは様子が違うことに奥様や周りの方々もおかしいと思い始めましが、躁状態の時に取引先やスタッフと飲食店で何十万円も一日で使ったり、高価な買い物をしたり、高級車を購入したりとカードやローンを利用し、気づけば1000万円近くまで借入れが増えていました。会社も休業状態、収入は無く返済のみがある状況、なんとか預貯金を取り崩し生活してきましたがもう住宅ローンやほかの借入れの返済も不可能な状況でカードローンの金融機関が競売を申し立てている状況でした。

ご相談者の希望

現在は収入が無く、奥様の実家が事業をしているのでその手伝いをして家族4人の食費を賄う最低限の収入をもらい、なんとか生活している状況でした。その為、引っ越すお金もありません。自宅を手放すことはしかたないと思っているので引越し費用だけでも確保したい。

苫小牧市 川村様

名前・年齢 川村様(仮名)・52歳
住所 苫小牧市
家族 一人住まい
職業 会社員
きっかけ 中途退職による収入減のため
一番の希望 高く売却したい
債権者  地方銀行
間取り等 一戸建 4LDK

お支払いができなくなった理由

勤務先の会社の経営状況が悪化し、解雇ではありませんが中途退職となりました。その後返済は通常通りしていましたが、退職後の勤務先が決まっていなかった為、収入が無くなり今後の返済が不可能に・・・・

ご相談者の希望

 川村様は自己破産などの法的手続きは行わず、借りたものは時間がかかっても必ず返したいというとても責任感の強い方でした。その為、出来る限り高く売却し、残債を減らしたいということが第一希望ですが、手元にある今まで貯めた多少の預貯金は退職後の生活費用として必要な為、引越費用も可能であれば確保したい。

札幌市西区 大木様

名前・年齢 大木様(仮名)・55歳
住所 札幌市西区
家族 妻(53歳)、長男(社会人)、次男(高校生)
職業 自営業
きっかけ 収入減のため
一番の希望 札幌市税の清算、周りに競売のことを知られたくない
債権者 住宅金融支援機構、札幌市税事務所、健康保険事務所
間取り等 一戸建 3LDK

お支払いができなくなった理由

営んでいる会社の収入が激減し、道内の支店を何箇所か閉鎖した。更に、所有している建物の欠陥が見つかりリフォームに莫大な費用がかかり、支払いができなくなった。

ご相談者の希望

札幌市の税金を返済したい。(数百万円)

競売になっていることを周りに知られたくない。

札幌市厚別区 鈴木様

名前・年齢 鈴木様(仮名)・52歳
住所 札幌市厚別区
家族 妻(54歳)
職業 建設業 会社員
きっかけ リストラ
一番の希望 このまま住み続けたい
債権者 都市銀行
間取り等 一戸建・4LDK

お支払いができなくなった理由

長年勤務した住宅建設会社が倒産、再就職はできたものの赴任先は大震災の復興事業での東北。二重生活の為、生活経費が増加し、生活困難となった為退職。しかし、その後就職ができず住宅ローンの支払いを不可能に

ご相談者の希望

自分で設計し、子供たちが育った家なのでなんとかこのまま住み続け、いずれ買い戻したい。

北海道北広島市 佐々木様

 名前・年齢  佐々木様(仮名)・45歳
 住所  北海道北広島市
 家族  妻(41 歳)、長女(中学生)、長男(小学生)
 職業  製造業・会社員
 きっかけ  収入減
 一番の希望  住み続けたい
 債権者  住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
 間取り等  一戸建・4LDK

お支払いができなくなった理由

勤務先の会社が経営難に陥り、同業他社に買収され、
給与形態が変わり収入が半減し支払が困難に。

ご相談者の希望

障害を持った子供の為に転校せず、このまま住み慣れた自宅に
子供が中学を卒業するまで住み続けたい。

札幌市豊平区 高杉様

 名前・年齢  高杉 様(仮名)・69歳
 住所  札幌市豊平区
 家族  妻(71歳)、長男(41歳)
 職業  年金受給
 きっかけ  息子の保証人
 一番の希望  引越し代を確保したい
 債権者  住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
 間取り等  一戸建・5LDK

お支払いができなくなった理由

自営業を営むご長男の事業資金の連帯保証人となり、
ご長男の事業の失敗と共に事業資金の返済が降りかかり、住宅ローンの返済も困難に。

ご相談者の希望

夫婦二人なので5LDKの広い家は雪かきなどの維持管理も大変なので任意売却し、
引越す為の費用を確保したい。

札幌市北区 橋本様

 名前・年齢  橋本様・47歳
 住所  札幌市北区
 家族  妻(43歳)、長女(小学生)
 職業  会社役員
 きっかけ  経営不振
 一番の希望  引越し代を確保したい
 債権者  地方銀行
 間取り等  マンション 4LDK

お支払いができなくなった理由

3年前に元会社の上司、同僚と会社を創業。
しかし、想定していた取引先との取引が出来ず給料も支給できない状況、
当初は預貯金を取り崩し生活していたが、それも無くなり支払いも困難に。
気付いた時には競売開札の3週間前。

ご相談者の希望

出来ることなら住み続けたいが、子供の通学区域内であれば引越すことも仕方ないと考えている。
ただし手元に資金が無いので引越代を確保したい。

札幌市中央区 小川様

 名前・年齢  小川様(仮名)・63歳
 住所  札幌市中央区
 家族  独身
 職業  会社員
 きっかけ  カードローンの支払い
 一番の希望  高く売却したい
 債権者  住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
 間取り等  マンション 3LDK

お支払いができなくなった理由

3年前に妻を亡くし、さびしい気持ちを紛らわすために、いろいろなサークルに参加していた。ところがそのうち、サークルでの交際費がかさむようになり、カードローンで補うようになり、勤めている会社の業績も悪化。

収入が減ったことにより、住宅ローンとカードローンの返済が困難になった。

ご相談者の希望

妻と暮らしたこのマンションを手放すのはさびしいが、
一人暮らしのため、3LDKの広さは必要ないので引越しを考えている。
出来るだけ高く売却し、住宅ローンの完済とカードローンの支払いを少なくしたい。

札幌市清田区 中井様

 名前・年齢  中井様(仮名)・52歳
 住所  札幌市清田区
 家族  妻(53歳)、長男(社会人)、長女(大学生)
 職業  会社員
 きっかけ  リストラ
 一番の希望  競売の取り下げ 買い戻したい
 債権者  地方銀行
 間取り等  一戸建 4LDK

お支払いができなくなった理由

勤務先の業績悪化による子会社への移動、更に子会社からのリストラ、雇用条件変更による再雇用により、収入の大幅な減少。

子供の教育費がかかる時期でもあった為、他のローンを借りることにより生活していたが借入も膨らみ支払いが不可能に。

ご相談者の希望

長年勤めていた会社の再生計画が決まれば退職金を受け取ることができるため、任意売却で競売を取下げ、出来ればその時期まで住み続け退職金で買い戻したい。

石狩市 川口様

 名前・年齢  川口様(仮名)・51歳
 住所  石狩市
 家族  妻(48歳)、長女(25歳)、孫娘(幼稚園)
 職業  自営業
 きっかけ  経営不振
 一番の希望  引越し代確保 納税を行いたい
 債権者  住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
 間取り等  一戸建 3LDK+店舗

お支払いができなくなった理由

経営している美容室の近隣に同業者の美容室がオープン。
その影響により競争が激しくなり、価格の引き下げや、キャンペーン、プレゼント、ポイント制などあらゆる販促活動を行ってきた。しかし、不景気の影響でお客様の来店頻度も減少し、開店した当初と比較すると売上が半減。住宅ローンの返済が困難に。

ご相談者の希望

このまま営業を続けても収入の改善は見込めないので任意売却し、引越費用を確保したい。
また、税金の滞納が多額になっている為、滞納している税金も出来るだけ納税したい。

札幌市白石区 須藤様

 名前・年齢  須藤様(仮名)・66歳
 住所  札幌市白石区
 家族  独身
 職業  年金受給
 きっかけ  病気の悪化
 一番の希望  引越し代確保、納税を行いたい
 債権者  住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
 間取り等  マンション 3LDK

お支払いができなくなった理由

運送関連の会社に勤務していたが収入が減り、持病の糖尿病の治療に通院ができなくなった。その後、症状が悪化。血糖値が不安定になり、視力も低下し、退職せざるを得なくなった。

しかし、少ない年金では生活することも精一杯で、以前に借入れしていたカードローンや住宅ローンの返済が追いつかなくなった。そのため、弁護士に依頼して破産手続きを進めている。

ご相談者の希望

引越代を確保し、月々の住居費を低くし生活を改善したい。また税金の支払いができていないので、年金が差し押さえられている。なんとか納税も行い、任意売却で生活も改善したい。

【全国組織】任意売却のご相談窓口 北海道 認定会員 (社)全日本任意売却支援協会
  • 事例紹介
  • お客さまの声ページはこちらから
  • メディア掲載情報ページはこちらから
  • 無料相談お問い合わせページはこちらから
メール相談
スタッフブログ
株式会社アールスペース
札幌 不動産相続コンサルタント「身近な遺産の専門家」