事例紹介

吉井様(仮名)34歳

名前・年齢 吉井様(仮名)34歳
住所 苫小牧市
家族

一人暮らし

職業

会社員

きっかけ

離婚

 

一番の希望

出来るだけ高く売却して、残債を減らしたい。

債権者 地方銀行
間取り等 3LDK

お支払いができなくなった理由

三年前に離婚。当時の話し合いで奥様からこのまま子どもと今の家に住み続けたいという希望があったため、住宅ローンの支払いには養育費を充てて奥様が支払い続けるという約束で、吉井様が家を引っ越すことになりました。元奥様は離婚当初は仕事をしており、ご両親からの援助と吉井様からの養育費などで、やり繰りしてローンを支払って暮らしていたようですが、しばらくしてから奥様は再婚し、妊娠と出産で仕事も辞めることになり生活が大きく変わりました。約一年前に再婚相手が転職をしたのをきっかけに一時的に世帯の収入が減り、養育費も生活費に回すようになり、住宅ローンが支払えなくなりました。

家の名義は吉井様のままだったため、滞納から数か月後に吉井様宛に銀行から督促状が届き、数年ぶりに連絡を取り今回の事態を把握することになりました。

ご相談者の希望

出来るだけ高く売却して残債を減らしたいと思う。

この状況を早く解決して再スタートを切りたい。

解決までの流れ

急に手元に督促状が届き、ネットで検索して当社に連絡をくれましたが、何しろ今回の状況は全くご本人の知らないところでの滞納の発生ということで、まずは電話やメールで現在の状況を確認していただき、その後訪問、実際にお会いして売却のご依頼をいただくことになりました。

物件は築年の浅い大変綺麗な3LDKの戸建で、室内状況も良好でした。ご相談時には奥様も別の場所にお引っ越しして空家になっていたため、一般客へ売却のチラシの折込みや、インターネットでの広告を行いました。内覧希望者が多かったのでオープンハウスを開催したところ、12組の来場があり、地方では珍しい2階部分がリビングの造りや、屋上のソーラーシステムを気に入ったお客様が、今回の購入者となりました。相場に比べ比較的高めの金額で成約にはなりましたが、築年が浅く、まだ残債も多かったため、残債は600万程残りました。吉井様は「借りた分は返したい」と希望していましたが、現在の収入と生活状況、将来の見通しを鑑みた結果、一旦自己破産して清算する方が吉井様にとってより早い生活の改善になるという結論に至りました。また離婚した奥様も連帯保証人だったため同じく自己破産することとなりました。

 

ご相談者の感想

住宅ローンを支払っても十分な額を養育費としてずっと支払っていたので、まさかこんなことになっているとは夢にも思いませんでした。督促状が届いた時には本当に驚き、慌ててインターネットで調べたアールスペースに電話してみました。こちらの入り組んだ面倒な状況にもかかわらず、親身になって相談にのってもらえたので本当に助かりましたし、別れた奥さんにも連絡や説明をしてくれたので、全てをお任せした状態で無事に任意売却をすることができました。

当初はなるべく高く売却して、少しずつでも残った借金を返すつもりでおり、芳賀社長も地元の相場よりも高く販売してくれたと思いますが、売却しても残額が600万円と大きかったため、弁護士を紹介してもらい相談、結果的には後の生活のことも考えて今回は自己破産することになりました。

正直なところ、残額によっては売却後の生活の立て直しが心配でしたので、今後は返済の心配をせず生活できることを感謝しています。

担当者よりメッセージ

離婚をするとき、家のことを考えるのは意外に後回しになる事案かもしれません。しかし、そこをきちんと取り決めてない場合、今回のようなことが起こり得ます。

離婚をしてしまうと、お互いの生活状況や環境の変化などをなかなか知ることはできません。今回の件では、奥様がローンを支払えない事に対して申し訳ないとは思っていたが、吉井様には言い出しづらく、黙っていたとのことでした。そのためローン返済に対する対処も遅れ、結果的に自宅を売却することとなりました。

家の名義は吉井様、鍵や権利証の管理は元の奥様がしているという形でしたが、お二人に現状や解決までの道筋を説明したところ、すぐに理解して互いに協力してくれたので、非常にスムーズに今回の任意売却を完了させることが出来ました。

ご自宅の売却と自己破産ということで、お二人とも大変な思いをしたと思いますが、ここでまた新たなスタートを切って頂ければと思います。お二人の御子さまたちの健やかな成長を祈っております。

【全国組織】任意売却のご相談窓口 北海道 認定会員 (社)全日本任意売却支援協会
  • 事例紹介
  • お客さまの声ページはこちらから
  • メディア掲載情報ページはこちらから
  • 無料相談お問い合わせページはこちらから
メール相談
スタッフブログ
株式会社アールスペース
札幌 不動産相続コンサルタント「身近な遺産の専門家」