事例紹介

苫小牧市 川村様

名前・年齢 川村様(仮名)・52歳
住所 苫小牧市
家族 一人住まい
職業 会社員
きっかけ 中途退職による収入減のため
一番の希望 高く売却したい
債権者  地方銀行
間取り等 一戸建 4LDK

お支払いができなくなった理由

勤務先の会社の経営状況が悪化し、解雇ではありませんが中途退職となりました。その後返済は通常通りしていましたが、退職後の勤務先が決まっていなかった為、収入が無くなり今後の返済が不可能に・・・・

ご相談者の希望

 川村様は自己破産などの法的手続きは行わず、借りたものは時間がかかっても必ず返したいというとても責任感の強い方でした。その為、出来る限り高く売却し、残債を減らしたいということが第一希望ですが、手元にある今まで貯めた多少の預貯金は退職後の生活費用として必要な為、引越費用も可能であれば確保したい。

解決までの流れ

任意売却依頼後、すぐにご自宅の調査に伺ったのですがそこでご自宅に大きい問題が発覚しました。川村様は普段生活していたのであまり気にしてなかったそうですが、2階の床が大きく傾斜していたのです。建物の仕様はグレードも良く重厚感がある建物でしたが2階の床が落ちているといっても過言では無い位に傾いていたのです。

現状を把握するため、通常であれば床や壁をはがし構造部の確認が必要なのですがその経費が任意売却の為、今回はどこからも出てきません。また、原因が明確になっても修繕しての販売は川村様には資金がなく不可能でした。

その為、詳細の事情を査定に盛り込み債権者と販売価格について話し合いを行いました。しかし、欠陥を考慮された販売価格は了承されず欠陥部分の改善や修理を考慮すると割高な価格での販売は開始しました。その後、やはり成約には至らず、ご案内を行った購入希望者様の反応や販売状況について債権者に詳細を説明、債権者担当者も現地を見学してもらい、状況を把握して頂き、価格の値下げを了承頂きました。

不動産買取業者様で成約に至り、欠陥は全て修繕しリフォーム後、再販売するとのことでした。

ご相談者の感想

インターネットの任意売却サイトを見て地元業者に相談したところ、「解決方法は自己破産しかない」との回答で、自己破産を勧められたのですが自己破産をすることは考えていませんでしたので依頼をためらい、再度専門業者と思いインターネットで「任意売却」と検索したところ「住宅ローンレスキュー北海道(アールスペース)」を見つけました。電話したところ、解決方法は自己破産だけではないとの説明に安心し、会社を訪問し相談したのですが私にあった解決方法を提案してくれたので依頼することを決めました。

今回、建物の欠陥があった為、多少時間がかかりましたがいろいろサポートしていただき最終的に売却までこぎつけられて安心しました。また、第一に自分の事や意思を尊重してくれたこと、親切に対応してくれたことが精神的に助けられました。新しいスタートができること、チャンスを与えられたことに感謝しております。どうも有難うございました。

担当者よりメッセージ

 ご相談を受けた時、川村様の表情は大変曇っており、仕事や家族の問題、将来の不安などを一人で抱え込んでいる状況でした。何とかしてあげたいとの一心から相談を聞かせていただきました。

自宅を訪問し、建物の傾いているという欠陥を発見した時は戸惑いましたが、売却まで時間はかかりましたけど、なんとか成約できたことで私も安心しました。

 川村様から「有難うございました」との安堵の声を聴き、晴れ晴れとした表情を拝見した時は、「ああ~この仕事に就いてて良かった、ご相談者のお役に立てて良かった」と心から思いました。

これからもご相談者の為に、尽力をつくし「ありがとう」の言葉をたくさんお聞きできるように頑張っていきたいと思います。

 

【全国組織】任意売却のご相談窓口 北海道 認定会員 (社)全日本任意売却支援協会
  • 事例紹介
  • お客さまの声ページはこちらから
  • メディア掲載情報ページはこちらから
  • 無料相談お問い合わせページはこちらから
メール相談
スタッフブログ
株式会社アールスペース
札幌 不動産相続コンサルタント「身近な遺産の専門家」