解決事例 24病気治療のため退職
札幌市北区 杉本様

名前・年齢
杉本様
住所
札幌市北区
家族
一人暮らし
職業
求職中
きっかけ
病気治療に専念するための退職
一番の希望
高く売却したい
債権者
地方銀行
間取り等
3LDK

お支払いができなくなった理由

上場会社の役員として精力的に働いていらっしゃった杉本様ですが、健康診断で「ガン」が見つかり、手術と治療に専念するため会社を退職することにしました。治療には杉本様が考えていたよりも時間がかかり、その間は収入がないため貯金を取り崩しての生活をすることになりました。杉本様はご自宅とご両親が住む家の2件を所有していましたが、治療が長引くにつれ治療費やローンの支払いで生活が厳しくなり、ご両親の家のほうは売却することになりました。治療中もなんとか住宅ローンを払い続けご自宅は維持していましたが、結果として約4年間闘病することになり、現状ではこれ以上、住宅ローンの支払いの目途が立たなくなってしまいました。
最近最後の手術が終わり体調も回復しもうじき社会復帰できそうなので、このタイミングでご自宅を売却出来たらと、相談のお電話をくれました。

ご相談者の希望

できれば売って完済したい。
完済が無理なようならなるべく高く売って残債を減らしたい。

解決までの流れ

物件は市内ですが地下鉄駅からは少し離れていて、立地条件はあまり良いとは言えず、築年と場所から言って完済が可能な価格で売却するのは難しいと思われました。
査定のために実際にご自宅に伺うと、低層階ではあるものの日当りも良い角部屋で、大変綺麗にお住まいでいらっしゃいました。通常ですと10年も暮らすと壁紙に汚れが付いたり、床に傷がついたりするものですが、そういったことも殆どなく、手入れも行き届いており、細かい事を気にしない方ならリフォームをせずにそのまま住むことも可能と思える物件でした。
債権者との交渉も済み、まずは完済できる価格での売り出しということで、物件の販売を開始いたしました。インターネットの広告で3組のお客様から内覧のご希望があり案内したところ、内覧をした皆様は「このまま住めそう!」との感想で概ね良好なものでした。多少市場価格より高めの価格ではあったものの、給湯機などの設備の交換が数年前に済んでいること、リフォームが殆ど必要ない事などから、角部屋であることを大変気に入ったお客様が購入することになりました。結果として残っていた住宅ローンを完済できる価格よりも高く販売することができました。

ご相談者の感想

無事に売れて良かったと心から思います。完済は難しいかと思っていましたが、完済できたうえに10万円が手元に残り驚きました。芳賀さんは真摯にこちらの希望を叶えようとしてくれ、大変対応がよく本当に頼りになりました。私のために尽力してくださったスタッフの方にも感謝しております。
新しく仕事も決まり札幌を離れることになりましたが、心機一転、新たな場所で頑張ろうと思います!
本当にありがとうございました。

担当者よりメッセージ

初めてご相談にいらしたとき、住宅ローンの延滞に対して非常に自責の念を持っていらっしゃったのが印象的で、とても実直で誠実な方だと思いました。これまでのご事情を聴き、大変苦しい病気との戦いを続けてきた杉本さんのお役に立ちたいと私も心から思いました。
物件の販売価格は少々高めの設定かと思いましたが、室内が非常に綺麗だったことで、リフォームをせずに住むと考えれば割安感があったこと、そういったメリットを充分にお客様にお伝え出来たことが購入のポイントになったかと思います。購入したお客様も、中古物件をリフォームする分の予算で、家具を買い替えたりできるので本当に良かったとおっしゃっており、双方にとって大変良いお取引になったのではないかと思います。他にも売却に至る要素はいろいろあったとは思いますが、杉本様が闘病で大変な時もご自宅を綺麗に維持してきたことが、売却が上手くいく最大の要因になったと思います。
新しい土地での暮らし、新しい仕事、今後もいろいろ大変なこともあるかとは思いますが、これからも健康に気を付けて、お元気に頑張っていただけたらと思います。